血管センター 積極的がん治療・シャント造設・シャントトラブル専門の小笠原クリニック札幌病院【院内の最新情報をお届けするブログも発信中!!】

院内感染防止対策について

当院における院内感染予防対策の基本方針

  • 1. 患者様を感染から守る
  • 2. 医療従事者を感染から守る
  • 3. 最新のエビデンスに基づいた予防策をとる
  • 4. 経済的で無駄のない手段をとる
  • 5. 環境に配慮する

2007-7
2007年7月19日 小笠原クリニック札幌病院 感染予防対策委員会

院内感染防止対策方針

小笠原クリニック札幌病院(以下「病院」という。)は、病院の理念に基づき、患者の皆様および病院従業員(以下「職員」という。)に安全で快適な医療環境を提供するため、感染防止および感染制御の対策に取り組むための基本的な考え方を基本的な考え方を以下のとおり定める。

1 院内感染防止対策に関する基本的な考え方
院内感染の防止に留意し、感染症発症の際には拡大防止のためその原因の速やかな特定、制圧、終息を図る。このため、院内感染防止対策を全職員が把握し、病院の理念に則った医療が提供できるよう、本指針を作成する。
2 病院感染対策小委員会の設置
院内感染対策に関する病院全体の問題点を把握し、改善策を講じるなど院内感染対策活動の中枢的な役割を担うために、病院長直属の病院感染対策小委員会(以下「小委員会」という。)を設置する。
3 職員研修
・院内感染防止対策の基本的考え方および具体的方策について、病院職員へ周知徹底を図るために研修会を開催し、併せて病院職員の感染対策に対する意識向上を図る。
・職員研修をして、全病院職員を対象に年2回講習会を開催する。また必要に応じて随時開催する。
・研修の開催結果は、記録保存する。
4 院内感染発生状況の報告
性菌、市中感染症などの院内発生に伴う院内感染拡大を防止するため、感染症の発生状況を小委員会を通じて全病院職員に速やかに周知する。
5 院内感染発生状況の報告
・院内感染発症時は、院内感染の発生した部署(以下「発生部署」という。)の病院職員が直ちに小委員会に連絡し、小委員会はその状況および患者への対応等を病院長ならびに院内感染防止対策委員会に報告する。
・発生部署の病院職員および対策室は、速やかに発生の原因を究明し、改善策を立案し、実施する。
・院内感染に対する改善策の実施結果は、院内感染防止対策委員会を通じて速やかに全職員へ周知する。
6 患者への情報提供と説明
・ 本指針は患者または家族が閲覧できるものとする。
・ 疾病の説明とともに、感染防止の意義および基本手技(手洗い、マスク使用等)についても説明し、理解を得た上で協力を求める。
7 病院における院内感染対策の推進
・ 病院職員は、自らが院内感染源とならないために、定期健康診断を年1回以上受診し、健康管理に留意する。
・ 院内感染防止のため、病院職員は各職場共通の「院内感染防止マニュアル」(以下「マニュアル」という。)を遵守する。
・ マニュアルは、必要に応じて見直し、改定結果は病院職員に周知徹底する。

平成19年7月19日  小笠原クリニック札幌病院  病院長 宮坂祐司

ページの上部へ