やせ方外来

ダイエットは1人では難しい だから医師、看護師、管理栄養士がサポート

やせ方外来の特徴

●「無理」と「努力」を押し付けません

●基本は軽い運動と食生活の改善です

●保険適用です

コンピューターで栄養指導充実

ダイエットの成否は、食生活の改善にかかっているといっても過言ではありません。やせ方外来では、管理栄養士による栄養指導で、新しいコンピューターソフトを導入しました。改善方法を分かりやすく説明します。

目標体重に到達するにはどのような食生活を送り、どれくらい運動をしたらいいのかという目安を示します。現在の食生活が健康的かどうかを点数で表示します。

やせ方外来で使っている運動器具です。右からエアロバイク、ジョーバ、ぶるぶるマシン

その場で印刷。ご自宅ですぐに実行できます。

肥満指数30以上の人の死亡リスクは、普通体重の人の2〜3倍

「美」は、ダイエットの単なる副産物。
やせ方外来の目的はただひとつ、「病気の人をつくらない」。

米国国立衛生研究所・栄養疫学班は、「肥満2度以上の死亡リスクは、普通体重の人の2〜3倍」と公表しています。

【肥満指数(体重kg÷身長m÷身長m)の肥満分類】
低体重 18.5>
普通体重 18.5≦〜<25
肥満1度 25≦ 〜<30
肥満2度 30≦ 〜<35
肥満3度 35≦ 〜<40
肥満4度 40≦

なぜ「肥満外来」ではなく「やせ方外来」か

ダイエットに成功する人は、恐らくひとりで取り組んでいません。
家族や恋人、友人の支えをもらって、「愛する人のために健康になろう」と思うから、ダイエットを続けられるのです。

「肥満外来」という言葉は、どこか突き放したイメージがないですか。
「やせ方」には、「あなたに寄り添う」という思いを込めました。

ダイエットの失敗で深刻なのは、「やせないこと」ではなく、「やせた後のリバウンド」です。
私たちは、「無理」と「努力」が失敗の主な原因であると考えます。
当院で行うのは、軽めの運動と、食生活の改善を促す栄養指導です。

ページの上部へ