積極的がん治療・ビタミンC治療・ビタミンC点滴の専門病院「小笠原クリニック札幌病院附属外来プラザ」

統合医療センター

統合医療とは

標準的治療に代表される西洋医学と、西洋医学を補完する代替医療を統合したものです。
治療のための根拠に乏しい「民間療法」とは異なります。

  • 自家がんワクチン ワクチンは体内で、リンパ球などの免疫細胞を活性化させたり増やしたりします。免疫細胞は、がんを攻撃する細胞です。
  • がん治療の超高濃度ビタミンC点滴 当院で超高濃度ビタミンC点滴療法を受けるメリットは、がんの標準的治療である手術と抗がん剤、ホルモン療法を行える医師がそろっている点です。
  • ダイエット点滴・スーパーにんにく注射 ダイエットは大変、そう思っていませんか。減量効果のある薬を血管に直接投与する点滴なら、簡単に効果が出る場合があります。「即効元気」の注射も。
  • 未承認薬によるがん治療など 主治医に「あなたに効く薬は、もう日本国内にはない」と言われても、あきらめないでください。当院では欧米で普通に使われている薬を医師が個人輸入してあなたに投与します。
  • がん食事療法 基本は「野菜をたっぷり」、そして「規則正しく」です。がん治療の外科医と病院食のプロである管理栄養士が、がん予防に効果があるとされがんの再発を防ぐといわれている食事を指導します。

「あきらめない医療」をモットーに皆様と一緒に戦います

がんの治療には、健康保険が適用される標準的治療があります。
手術や放射線療法、抗がん剤療法、ホルモン療法などがそれにあたります。

保健医療機関によっては、標準的治療でがんが治らないと判断した場合、患者様に「治療法はない」と
告げることがあります。

しかし、当センターには、標準的治療以外の治療法と薬があります。欧米では実績のあるものです。
ただ、厚生労働省の承認が得られてないため、健康保険が適用されません。自由診療になり、治療費、薬代は全額患者様負担となります。

また、未承認薬の中には、美肌やダイエット、頭痛、ぜんそくなどに効果がある薬があり、点滴などで投与します。

統合医療センター長 小笠原篤夫(小笠原クリニックグループ代表)

ページの上部へ